借入限度額

キャッシングの便利な点の一つが、いつでも借りられることです。
いつでもというのは言い過ぎかも知れませんが、借りたいときに借りることができるのは便利なところでしょう。
お金を借りるのは手続きが難しそうだと思われていますが、最近はとても簡単に申込みができます。
申込みからの気になる限度額についてを紹介します。

普通にローンを組んで何かを買うときには、契約をする時点で借りる金額を決め、そして返済方法も決めます。
これが普通の借り入れなのですが、キャッシングの場合には借り入れる金額を決めるのではなくて、借入限度額を決めます。この点で異なっています。
借入限度額とは、借り入れのできる最大の金額を指します。

例えば、借入限度額が100万円と定められた場合、100万円までならいつでも借りることができます。
例えば、10万円だけ借りることもできますし、しばらくは借りないでおくこともできます。
必要になってから借りることができますから、便利な方法だと考えられます。
借入限度額は返済可能性によって決まります。つまり、十分に返済できると考えられる金額に設定されるのです。

それを決めるために審査が行われます。
勤続年数や年収など、審査の基準は金融機関によって異なります。
ですから、ある金融機関の審査では借りることのできる金額が50万円しかなかったとしても、別の金融機関からなら100万円借りることができる場合もあります。
消費者金融やクレジットカードに付帯したキャッシングを利用して借りるときには、借入限度額は法律によって制限されます。
年収の3分の1までと限られています。消費者金融やクレジットカードではこのような制限がありますが、銀行にはありませんから銀行なら多く借りることのできる可能性はありますが、審査は厳しいですから借りることのできないこともあります。
借入限度額を大きくするためには、返済が可能であることをアピールしなければなりません。
銀行の中には200万円くらいまでなら収入証明を提出しなくても借りられる場合が多いのですが、大きな金額を借りるときには収入証明を提出しなければならないのが普通です。